レビュー

【アンカー】充電&バッテリー一体型!? 「Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)」を使ってみた!

「Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)」がとても便利をニュースでも話題になって一時期売り切れてましたが、先日在庫の復活を確認そして割引になってたので購入しました!

このレビューは個人の主観です。参考程度でお願いいたします。

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000) (5000mAhモバイルバッテリー搭載 USB充電器/USB PD対応) 【PSE技術基準適合/コンセント 一体型/PowerIQ 3.0(Gen2)搭載/折りたたみ式プラグ】 iPhone13 /13 Pro Android その他各種機器対応(ブラック)

Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 5000)

Fusionシリーズ初のリップスティック型 ポーチやミニバッグにもすっぽり入る小型デザイン

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000) (5000mAhモバイルバッテリー搭載 USB充電器/USB PD対応) 【PSE技術基準適合/コンセント 一体型/PowerIQ 3.0(Gen2)搭載/折りたたみ式プラグ】 iPhone13 /13 Pro Android その他各種機器対応(ブラック)

製品の仕様

サイズ:約 113 × 30 × 30 mm(※プラグ部を除く)
重さ:約 170 g
入力:100-240V~ 0.5A 50-60HZ
USB-C 出力:5V=3A / 9V=2.22A(最大20W)
容量:5000mAh

Fusionシリーズ初 リップスティック型

Anker PowerCore Fusionシリーズ初のリップスティック型が登場。ポーチやミニバッグにもすっぽりと収まる小型デザインを実現しました。ストラップ付きで取り出しやすく、折りたたみ式プラグを採用しているため持ち運びにも最適です。

1台で2役のハイブリッド設計

USB急速充電器とモバイルバッテリーの利便性を組み合わせたAnker PowerCore Fusionシリーズ。家の中でも外出先でも便利にご利用いただけます。

iPhone 13にも急速充電

最大20W出力で、iPhone 13シリーズへ急速充電が可能です。一般的な5W出力の充電器に比べ、最大3倍速く充電できます。(※iPhone 13を0%から30分充電した場合との比較。Anker調べ)

本体への充電も簡単

コンセントにさすだけで本体への充電が可能。ケーブルは不要です。たった約2時間30分で満充電できます。(※Anker調べ)

PowerIQ 3.0 (Gen2)

Anker独自技術PowerIQ 3.0 (Gen2)を搭載。USB Power Deliveryとの互換性をさらに高めながら、Qualcomm Quick Chargeなどの充電規格にも対応し、より幅広い機器への急速充電に対応しました。

幅広い対応機種

iPhone13シリーズ等のスマートフォン、iPadを含むタブレット端末等の幅広い機器に急速充電が可能です。(※ケーブルは別売りです)

対応機種

スマートフォン

  • iPhone 13 / 13 mini / 13 Pro / 13 Pro Max / iPhone 12 / 12 mini / 12 Pro / 12 Pro Max / 11 / 11 Pro / 11 Pro Max / SE (第2世代) / SE (第3世代) / XS / XS Max / XR / X / 8 / 8 Plus 他
  • Galaxy S22 / S22 Ultra / S21 / S21+ / S21 Ultra / S20 シリーズ / S10 シリーズ / S9 シリーズ / S8 シリーズ 他
  • Pixel 6 / 5 / 4 シリーズ / 3 シリーズ 他

タブレット端末

  • iPad (第9世代) / iPad (第8世代) / iPad (第7世代) 他
  • iPad mini (第6世代) / iPad mini (第5世代) 他
  • iPad Pro (12.9インチ) (第2世代) / iPad Pro (12.9インチ) (第1世代) / iPad Pro (11インチ) (第2世代) 他
  • iPad Air (第5世代) / iPad Air (第4世代) 他

その他の対応機種

  • Apple Watch 他

注意

・USB-Cポートは出力専用のため、入力用として使用しないでください。本体充電時はコンセントをご使用ください。

・電池容量が5000mAhのため、iPhone13 / iPhone13 Pro / iPhone13 Pro Maxへの満充電回数は1回未満になります。 (※Anker調べ)

・ケーブルやポーチは付属しておりません。

・本製品は、高負荷が続く場合に高温になる場合がありますので、充電中は触れないようお願いいたします。最高温度に達した場合でも、国際的な安全規格であるIEC 62368-1が定める上限温度を下回る設計のため、安全上の問題はございません。

・製品の仕様は予告なく変更されることがありますので、予めご了承ください。

・製品パッケージは予告なく変更になる場合がございます。ご購入時期によっては異なる製品パッケージでお届けする可能性がございますので、予めご了承ください。なお、製品自体には違いはございません。

・本製品の動作温度は約0℃~35℃です。電熱ベストの発熱箇所など動作温度を超える場所でのご利用はお控えください。

Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 5000)レビュー

やはり1台で2役。USB急速充電器とモバイルバッテリーがつかえるのはとても便利ですし何かあったときにすぐ使えて安心です。

USB-Cタイプでボタンを押すとバッテリーの充電状態が光で分かるようになってます。この辺はアンカーのモバイルバッテリーと同じですね。

そして折りたたみ式プラグなのでプラグが出っ張ることもなくきれいに収納できます。

箱・中身

外観

長細くてスティックタイプ。これが結構持ち運びしやすくて便利。

しかしながらやはり良い点もあれば悪い点もあります。ちょっと細かいですが分けてみます。

使ってみて良いところ

1台で2役でUSB急速充電器とモバイルバッテリーにもなる。これを1つ持っていれば安心。

スティックタイプ・折りたたみ式プラグを採用しているので持ち運びしやすい。

急速充電最大20W出力でiPhone13などに対応

PowerIQ 3.0 (Gen2) 搭載。充電規格対応

ストラップがある

やはり1台で2役で折り畳み対応のスティックタイプなのが持ち運びやすく便利です。急速充電最大20W出力でPowerIQ 3.0 (Gen2) 対応。このクラスだとほとんどのスマートフォンで使えますね。ストラップもあるのでひっかけたり持ち運びもしやすいです。

ちょっとダメなところ

170gはちょっと重い。軽いモバイルバッテリーは130gぐらい

電池容量が5000mAhのため、iPhone13 / iPhone13 Pro / iPhone13 Pro Maxへの満充電回数は1回未満

出力が20Wと低いので充電できない機種がある

縦長の為、ストラップが邪魔したりと電源の接続に対応しないところもある

思った以上に重く感じました。今まではUSB急速充電器とモバイルバッテリーは別でそれぞれ軽かったので気にならなかったのですが、1つになった事でその重みを感じます。2つ持ってたらもっと重いのに人間って贅沢ですね。

電池容量が5000mAhなので満タンに充電できない場合があります。最近は10000mAhが主流なので物足りなくなるかもしれませんね。

出力が20WなのでMacbookProやノートPCなどで充電対応していない機種もあります。使用目的で分けるしかありませんね。

そして縦長なので場所によってはコンセントに刺せない場合もあります。今回の座席では横に並んで結構幅のあるタイプだったので問題はありませんでしたが、狭いところだと小さいUSB急速充電器じゃないと難しい場合があるかもしれませんね。


ということでAnker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)でした!

やはりUSB急速充電器でもモバイルバッテリーにもなり、この軽さと細長さで持ちやすくこの万能感は人気で一時売り切れてたのも納得ですね。

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000) (5000mAhモバイルバッテリー搭載 USB充電器/USB PD対応) 【PSE技術基準適合/コンセント 一体型/PowerIQ 3.0(Gen2)搭載/折りたたみ式プラグ】 iPhone13 /13 Pro Android その他各種機器対応(ブラック)

-レビュー