PC・ゲーム・AV機器など

【ソニー】業界最高クラスのノイズキャンセリング性能が更に進化した ワイヤレスヘッドホン『WH-1000XM5』を発売【SONY】

ソニーからノイズキャンセリング性能が更に進化した ワイヤレスヘッドホン『WH-1000XM5』が発表されました!価格はソニーストはで49500円(税込み)WH-1000XMシリーズはずっと使ってきてるのですが音楽からオンラインMTGまでかなり使えて便利なので今回の「WH-1000XM5」も興味深々!どこかで視聴してこよう!

WH-1000XM5 | ヘッドホン | ソニー
https://www.sony.jp/headphone/products/WH-1000XM5/

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM5:ノイキャン性能向上/通話性能向上/ソフトフィットレザーによる高い遮音性/ブラック WH1000XM5 BM

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM5:ノイキャン向上/通話性能向上/ソフトフィットレザーによる高い遮音性/プラチナシルバー WH1000XM5 SM

ソニーは、業界最高クラス※1のノイズキャンセリング性能を更に進化させたBluetooth®対応のワイヤレスヘッドホン『WH-1000XM5』を発売します。
本商品は、専用設計30mmドライバーユニット搭載による高い音質や、AI技術を活用した業界最高クラス※2の通話品質を備えるなど、更なる性能の進化を遂げています。加えて、軽量でスリムなデザインとソフトフィットレザーの使用により、快適な装着性も実現しています。

商品名型名カラー発売日価格
ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット『WH-1000XM5』ブラック、プラチナシルバー5月27日オープン価格

『WH-1000XM5』は、従来機※3で搭載していた「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」に加えて、新たに「統合プロセッサーV1」を搭載しています。ヘッドホンの左右に4つずつ配置したセンサーで効率的にノイズを収音する「マルチノイズセンサーテクノロジー」と2つのプロセッサーを組み合わせることで高精度にセンサーの信号を制御し、高いノイズキャンセリング性能を実現します。
また、ドーム部にカーボンファイバーコンポジット素材を使用することで柔らかいエッジ部と軽量で高剛性なドーム部を両立した専用設計30mmドライバーユニットを搭載し、低音域から高音域までの再現性を高め、より自然で伸びのある音質を実現しています。さらに、ウォークマン®で培った高音質技術をヘッドホンに最適化することで、微細な音の再現や広がり、定位感も増しています。
通話機能は、ビームフォーミング技術により口元への指向性を高めたマイクと、5億サンプルを超えるAIの機械学習で構成したアルゴリズムにより、ユーザーの声とそれ以外の環境ノイズを分離し、発話した声をクリアに抽出します。
そのほか、快適で安定した装着性を実現する軽量でスリムなデザインのヘッドバンド部やソフトフィットレザーを使用したイヤーパッドを採用しています。また、3分の充電で約3時間※4の音楽再生が可能なUSB PD(Power Delivery)充電※5に対応します。
なお、製品箱には、竹、さとうきび、市場で回収したリサイクル紙を由来とするソニー独自開発のオリジナルブレンドマテリアルを使用するほか、本体に使用する樹脂素材には再生プラスチック※6を使用しています。

  • ※1 2022年1月1日時点、ソニー調べ。JEITA基準に則る。ヘッドバンド型ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン市場において。
  • ※2 2022年1月1日時点、ソニー調べ。ETSI基準に則る。ヘッドバンド型ワイヤレスヘッドホン(ブームマイクもしくはUSBドングル付きを除く)市場において。通話品質には、モバイル機器、サービスプロバイダー、インターネット、ネットワーク接続、環境条件などに関連する障害の影響は含まれません。
  • ※3 WH-1000XM4
  • ※4 ノイズキャンセリングON時、DSEE Extreme・イコライザーOFF時。コーデックはAAC。
  • ※5 PD対応すべての機器との動作を保証するものではありません。USB PD対応USB Type Cケーブル、及びUSB PD対応ACアダプターは同梱されておりません。3分充電で3時間再生する場合、出力が9 V/2.3 A以上必要。(但し、周囲の温度が25°C~35°C時)。
  • ※6 商品に採用する再生材は、変更する可能性があります。

主な特長

1. 更に進化した業界最高クラス※1のノイズキャンセリング性能

「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」「統合プロセッサーV1」「統合プロセッサーV1」

従来機※3で搭載していた「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」に加えて、新たに「統合プロセッサーV1」を搭載しています。ヘッドホンの外側と内側に左右4つずつ配置したセンサーで効率的にノイズを収音する「マルチノイズセンサーテクノロジー」と2つのプロセッサーを組み合わせることで高精度にセンサーの信号を制御し、業界最高クラス※1のノイズキャンセリング性能を実現します。さらに、専用設計30mmドライバーユニットに使用する柔らかいエッジ部が低音域の感度を高め、低音域のノイズ除去も向上しています。
また、ヘッドホンの装着状況や環境に合わせて常に自動でノイズキャンセリングの特性を最適化する「オートNCオプティマイザー」を新搭載しています。髪型や眼鏡の有無、装着ずれなどの個人差を自動で検出するほか、気圧センサーにより飛行機に搭乗中などの気圧の変化に対してもノイズキャンセリングを最適化します。

2. 専用設計30mmドライバーユニットやウォークマンで培った技術の最適化により、高音質を追求

ドーム部にカーボンファイバーコンポジット素材を使用することで柔らかいエッジ部と軽量で高剛性なドーム部を両立した専用設計30mmドライバーユニットを搭載し、低音域から高音域までの再現性を高め、より自然で伸びのある音質を実現します。さらに、ウォークマンで培った高音質技術をヘッドホンに最適化しています。基板と部品の接合部やヘッドホン出力のはんだ付け部など、音質に重要な接点に金を添加した高音質はんだを採用するほか、プロセッサー周辺に銅メッキを施した大型の高音質抵抗を採用することで、微細な音の再現や広がり、定位感も向上しています。
また、ハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)に対応し、ハイレゾ音源をそのままの音質で再生可能なほか、高音質コーデックLDAC※7にも対応するので、ワイヤレスでもハイレゾ音質を楽しめます。さらに、高音質技術DSEE Extremeにも対応しており、スマートフォンなどで再生するMP3やCD、ストリーミングなどの圧縮音源を、膨大な楽曲データを学習しているAI技術によりリアルタイムに解析し、聴いている楽曲のジャンルや楽器などの情景に合わせてハイレゾ相当※8の音にアップスケーリングします。
また、本機はソニーが提案する音楽体験「360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)」の認定ヘッドホンで、個人最適化された臨場感豊かな立体的音場で対応コンテンツを楽しめます。

  • ※7 LDACは日本オーディオ協会の“Hi-Res Audio Wireless”に認定されたコーデック技術です。ハイレゾコンテンツを転送速度990 kbpsで伝送する場合。
  • ※8 DSEE Extremeは「Sony | Headphones Connect」アプリから機能を有効にすることで使用可能です。DSEE Extreme ON時にCD音源やMP3などの圧縮音源をSBC/AAC/LDACのコーデックでBluetooth再生する際、最大96kHz/24bitまで拡張(再生機器の仕様によっては圧縮音源をLDACで伝送する場合でもDSEE Extremeが無効になる場合があります)。

3. オンライン会議や授業にも最適な業界最高クラス※2の通話性能

ビームフォーミング技術により口元への指向性を高めた左右2つずつのマイクと、5億サンプルを超えるAIの機械学習で構成したアルゴリズムにより、ユーザーの声とそれ以外の環境ノイズを分離して発話した声をクリアに抽出するので、騒がしい場所でも快適に会話を楽しめます。さらに、風ノイズを低減するために内部マイク周辺の構造を新規設計し、風が強いなかでもクリアな通話が可能です。
また、マルチポイント機能に対応するので、PCで音楽再生中にスマートフォンに着信した電話をそのままハンズフリーで受話できます。手動で接続機器を切り替える手間がなく、快適に使うことができます。

4. 心地よい装着感と安定性を実現した新しいデザイン

商品イメージ(ブラック)商品イメージ(ブラック)商品イメージ(ブラック)商品イメージ(ブラック)

ヘッドバンド部やイヤーパッドには、柔らかく装着時の安定性に優れたソフトフィットレザーを使用しています。頭部の形状に柔軟に追従するので締め付け感が少なく、高い遮音性と装着性を実現します。また、軽量でスリムなので、快適に長時間使用できます。さらに、サイズ調整後もデザインの変わらない無段階スライダーの採用やハウジングのフィッティング調整機構の内蔵化により、装着時のデザイン性も高めています。また、ハウジングとヘッドバンド部はマットで高品位な質感に仕上げています。付属のキャリングケースは本体を収納しないときには畳むこともでき、持ち運びにも便利です。

5. 使い勝手の良い充実の基本性能

  • 新たにUSB PD※5による高速充電に対応し、3分の充電で約3時間※4の音楽再生が可能です。また、フル充電時には最大約30時間※9の音楽再生が可能です。
  • ヘッドホンを外さずに会話ができる「スピーク・トゥ・チャット」に対応します。従来機※3と比較してユーザーの声の取り込み量を増やし、話している自分の声がよりクリアに聞こえます。
  • ユーザーの行動や場所に合わせてノイズキャンセリング機能を最適に設定する「アダプティブサウンドコントロール」に対応します。
  • スマートフォンを取り出さずに、ヘッドホン本体の操作で最後に聞いていた楽曲を再生したり、音楽ストリーミングサービスSpotify※10のプレイリストを切り替えたりすることが可能な「Quick Access(クイックアクセス)」に対応します。
  • Google アシスタント※11とAmazon Alexaを搭載します。音楽を聞く際の操作やニュースの確認などを音声で操作できます。
  • Googleのペアリング機能「Fast Pair 3.0」に対応し、Android端末とワンタップでペアリングできます。また、「Swift Pair」にも対応しており、ペアリングモードを起動したヘッドホンをWindows 10やWindows 11のパソコンなどに近づけると、接続のガイダンスが表示され、簡単にペアリング可能です。
  • お客様が安心して楽しく音楽を聴き続けられるよう、新たにセーフリスニング機能を搭載しています。ヘッドホンで音楽を聴く際の音の大きさを記録・蓄積し、世界保健機関(WHO)の推奨する限度と比較してリスニング傾向が聴覚に配慮されているかを確認できます。また、その限度に近づいた時や超えた場合に通知を受け取ることができます。
  • ※9 ノイズキャンセリングON時、DSEE Extreme・イコライザーOFF時。コーデックはAAC。ノイズキャンセリングOFF時、DSEE Extreme・イコライザーOFF時は約38時間再生可能。
  • ※10 事前にSpotifyアプリのインストールとアカウントへのログインを行い、「Sony | Headphones Connect」アプリから設定を行うことで使用できます。バックグラウンドでアプリを起動しておく必要があります。
  • ※11 iOS版は対応しておりません。

6. 環境配慮への取り組み

再生プラスチック

ソニーグループでは、2050年までに環境負荷ゼロを目指す環境計画「Road to Zero」を策定しており、この達成に向けて段階的に環境中期目標を設定しながら行動しています。現在は、2021年度から2025年度までの中期目標「Green Management 2025」を定め、製品のプラスチック使用量の削減を1つの目標としています。
本商品では、本体に使用する樹脂素材に再生プラスチック※6を使用しています。また、製品箱には竹、さとうきび、市場で回収したリサイクル紙を由来とするソニー独自開発のオリジナルブレンドマテリアルを使用するなど、プラスチックを使用しない※12個装パッケージ※13を実現しています。

  • ※12 コーティングや接着で用いる材料は除く。
  • ※13 個装パッケージの範囲は、個装カートン、個装カートン上および中の包装材です。

<先行展示のご案内>

今回の新商品を、ソニーストア 銀座、ソニーストア 札幌、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪、ソニーストア 福岡天神にて、5月13日(金)より展示します。発売前先行展示情報

YouTubeライブ配信

「WH-1000XM5」の魅力をソニーストアのスタイリストが紹介するライブ配信を実施します。リアルタイムで視聴者の質問にも回答します。ライブ配信終了後は、同URLにて録画を公開予定です。

日時: 2022年5月13日 20時開始予定
URL: https://youtu.be/vZroB0YDzhM

スペシャルムービー

世界的に著名なアーティストであるKhalid(カリード)が、WH-1000XM5の音楽体験について紹介するスペシャルムービーを公開しています。

カリード氏のコメント

「アーティストとして、そして一人の音楽ファンとして、音楽体験のクオリティは私にとってとても重要です。ソニーの新しいヘッドホンWH-1000XM5は、最高の音楽体験を提供してくれます。ノイズキャンセリング機能は音楽をより近くに感じ曲の細部まで聴くことができるので、自分が理想としている音楽の世界を皆さんにお届けできると思います。」

URL:https://youtu.be/JDGiEEGP7L8

主な仕様や詳細に関しては、下記の商品サイトからご確認ください

『WH-1000XM5』

  • ※ 「ソニー」および「Sony」、並びにこのプレスリリース上で使用される商品名、サービス名およびロゴマークは、ソニーグループ株式会社またはその関連会社の登録商標または商標です。その他の商品名、サービス名、会社名またはロゴマークは、各社の商標、登録商標もしくは商号です。
  • ※ Google、Google アプリ、Google アシスタントは、Google LLCの商標です。

市場推定価格(税込)

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット 『WH-1000XM5』 50,000円前後

  • ※ 「市場推定価格」は、発売前の製品について、市場での販売価格を当社が推定したものです。なお、製品の実際の販売価格は、各販売店により決定されます。

WH-1000XM5 | ヘッドホン | ソニー
https://www.sony.jp/headphone/products/WH-1000XM5/

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM5:ノイキャン性能向上/通話性能向上/ソフトフィットレザーによる高い遮音性/ブラック WH1000XM5 BM

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-1000XM5:ノイキャン向上/通話性能向上/ソフトフィットレザーによる高い遮音性/プラチナシルバー WH1000XM5 SM

-PC・ゲーム・AV機器など